みんなの介護相談室

第13回 2010.5.28

T様から自動車購入時の助成、減免税等についてのご質問がありました。

Q 先日、身内に一種二級の障害者手帳が交付されました。

現在の居住地は公共交通機関の利便性が低く、日常生活では自家用の軽自動車を利用しています。

しかしながら車イスを常用している事からラゲッジスペースを車イスが占有しており、大きさにゆとりのある

車への買い替えを検討中です。

今のところ、本年9月まではエコカー減税&補助金制度がありますが、以前某車ディーラーの営業担当者に

障害者優遇制度とエコカー優遇制度は併用出来ず後者の方が経済的メリットが大きいと伺ったことが

ありますが本当でしょうか?

A まず答えから述べますとエコカー減税と障害者減免は併用可能です。

エコカー減税は自動車取得税・重量税の優遇制度で、(車種によりますが)免税・75%減免・50%減免という

3種に分かれます。障害者減免は自動車税・取得税の優遇制度です。

以上より併用可能なのは取得税についてとなり、順番としましてはエコカー減税が優先され

次に障害者減免という順で優遇が受けられます。

エコカー減税にて免税の場合は併用する必要はありませんが仮に購入する車輌が50%減免の場合

残りの50%を障害者減免により更に減免することが可能です。

ただし障害者減免は障害の区分・級や程度により受けられない場合がございますので申請を

される予定の方は普通車の場合にはお住まいの県税事務所、軽自動車の場合には市区町村の役所へご確認ください。

________________________________________________

回答者: 株式会社東和モータース販売 千葉営業所 担当 川田美紀様

kawadasann

株式会社東和モータース販売

http://www.towa-motors.com/shop_chiba.html

〒270-1437 千葉県白井市木830-13
TEL : 047-492-9090 FAX : 047-498-1114


第12回 2010.5.21

Q:松戸市にお住まいの67歳女性の方からご相談を頂きました。
今は元気で生活しておりますが足腰も弱ってきた気がします。
近所のお友達は介護の度合いを決められて介護サービスを受けているようですが
私も受けられるのでしょうか?
A:まずは公的介護保険を利用する前に市町村から受ける認定でどの程度の介護が
必要かを示す要介護認定を受けます。2006年の介護保険改正に伴い要介護度の区分が変更されました。
介護が必要ない[自立]
介護予防サービスの対象となる[要支援1と2]
身体介護サービスなどの対象となる[要介護1~5]
の8ランクに分かれます。
要介護度に応じて保険から給付される介護サービス費が決まります。
認定結果を決めるのは保健・医療の専門家で構成する介護認定審査会です。
審査会は市町村の職員やケアマネージャーが訪問して身体の状態を調べ、
主治医の意見書をもとに要介護度を決定します。要支援、要介護の認定が出れば公的な介護サービスを

給付の1割負担で受けることが出来ます。
昨年4月の改正で調査項目や判定基準の見直しが行われ従来に比べ軽度の判定が出る傾向があるようです。
代表取締役 高橋祐樹
第11回 2010・5・5

Q、82歳になる父が普段の行動から様子がおかしく病院で検査をしてもらいました。そこでくだされたのが『レビー小体』と診断を受けました。認知症の一種と聞きましたがごく一般の認知症との違いは?  こんな父でも入居出来る施設はありますか? 流山市F様

A、認知症の種類は原因になる病気によって70種類ほど分けられてますが多くは①アルツハイマー型(50%)②レビー小体型(20%)③脳血管性(10%)の3つを総称しております。  レビー小体は異常なタンパク質が脳の神経細胞に溜まったもので大脳皮質に広くおよぶとレビー小体になります。更に脳幹にも溜まる事も多いのでパーキンソン病も併発します。 現在わが国で約50万人以上の患者がいると推計されています。症状にしても異なり 初期症状:幻視・妄想・躁鬱 ⇒ 認知の変動・睡眠時の異常行動・手足の震えとしてパーキンソン症状。 頭がはっきりしている時と人が変わったようなボーッとしている時があり日々状態が異なります。 経過:進行が速くなる事もある。 治療法:いまだ治療方法は見つかっておりませんが色んな面で抑制に効果的として塩酸ドネペジル=アリセプトという薬剤を使用。 対応策:ご本人にとっては正に現実なものです。従って「そうではない!」等とは否定せずある程度は受け入れて安心させる事が大切です。   現状、在宅での介護が困難になる事もあるかと思います。お父様の状態に順応した施設はございますので気兼ねなくご相談ください。       スローライフ 松本