みんなの介護相談室

第23回 2013.8.28

今日は有料老人ホームの種類についてです。

ご相談者様からのご質問の中でまず一番多いのが有料老人ホームとはどんな種類があるのか。です。

大まかに分けると以下のようになります。

 

介護付有料老人ホーム(一般型特定施設入居者生活介護)

介護等のサービスが付いた高齢者向けの居住施設です。

介護が必要となっても、ホームが提供する特定施設入居者生活介護を利用しながら

居室での生活を継続することが可能です。

(介護サービスは有料老人ホームの職員が提供します。特定施設入居者生活介護の指定を受けていない

有料老人ホームについては「介護付き」と表示することはできません。)

 

介護付有料老人ホーム(外部サービス利用型特定施設入居者生活介護)

介護等のサービスが付いた高齢者向けの居住施設です。

介護が必要となっても、ホームが提供する特定施設入居者生活介護を利用しながら

居室での生活を継続することが可能です。

(有料老人ホームの職員が安否確認や計画作成等を実施し、介護サービスは委託先の介護サービス事業所

が提供します。

特定施設入居者生活介護の指定を受けていない有料老人ホームについては「介護付き」と表示することはできません。)

住宅型有料老人ホーム

生活支援等のサービスが付いた高齢者向けの居住施設です。

介護が必要となった場合、入居者自身の選択により、地域の訪問介護等の介護サービスを利用しながら

ホームの居室での生活を継続することが可能です。

健康型有料老人ホーム

食事等のサービスが付いた高齢者向けの居住施設です。

介護が必要となった場合には、契約を解除し退去しなければなりません。

 

最適な施設探しをお手伝い致します。

お問い合わせは メール でも受付しております。

お気軽にご相談下さい。