有料老人ホーム 千葉の老人ホーム検索.net > 介護保険制度について

介護保険制度について

知っているようで知らない
介護保険制度について。

介護保険制度とは、市町村区などが運営する公的社会保険制度で、40歳以上の全員を被保険者として介護を必要とする状態となったときに支え合う仕組みです。
利用者がサービス事業者と契約して、サービスを選択できる、利用者に利用しやすい仕組みであることが特長です。
具体的には、寝たきりや痴呆症など、介護が必要な場合にサービスが受けられます。

有料老人ホーム 検索の前に

寝たきりや痴呆などで要介護状態となった場合、常に介護は必要なくとも、通常の生活に支援が必要な
要支援状態となった場合にサービスを受けることができます。

有料老人ホーム への入居できる条件

初老期認知症、脳卒中など老化が原因で15種類の特定疾患になり、要介護または要支援状態となった
場合にサービスが受けられます。(事故などに起因する場合はサービスが受けられません。)

特定疾患

初老期の痴呆(アルツハイマー病、ビック病、脳血管性痴呆、ヤコブ病などなど)
脳血管性疾患(脳出血、脳梗塞など)
筋萎縮性側索硬化症(ALS)
進行性核上性まひ・パーキンソン病
脊髄小脳変性症
シャイ・ドレガー症候群
糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症、糖尿病性神経障害
閉塞性動脈硬化症
慢性閉塞性肺疾患(肺気腫、慢性気管支炎、気管支ぜんそく、気管支喘息など)
慢性関節リウマチ
後縦靭帯骨化症
脊柱管狭窄症
骨粗しょう症による骨折
早老症(ウエルナー症候群)

ページトップへ