有料老人ホーム 千葉の老人ホーム検索.net > 有料老人ホームとは

有料老人ホームとは

はじめて有料老人ホームをご検討なさる場合に、
まずは「有料老人ホーム」のいろいろな基礎知識を
知っておくことで、その後のトラブルを未然に防ぎ、
有料老人ホーム選びを快適に進めることができます。

有料老人ホーム 検索の前に

一口に「有料老人ホーム」といっても、様々な分類や、有料老人ホームそれぞれに決まり事などがあり、 同じ「有料老人ホーム」探しと言っても、単に地域と価格だけで決められないものです。 ここでは、「有料老人ホーム」選びの注意点等にもなる有料老人ホームの定義から分類、現状などを知 ることで有料老人ホームの基礎知識を身につけていただきます。

有料老人ホーム への入居できる条件

有料老人ホームへの入居できる人及び条件はそれぞれの有料老人ホーム側でそれぞれ定められている場 合が多く、申し込み前によく確認する必要があります。

有料老人ホーム 検索のポイント項目 ・年齢と本人の収入 ・住民票の取り扱い ・本人の身体状況 ・施設の種類と条件 ・サービス内容と費用 ・契約形態

有料老人ホーム 本人の収入・年齢・住民票について

本人の収入条件は不問な有料老人ホームが多く、年齢は60歳以上が一般的です。
また、住民票についても、移動が条件にはいっている有料老人ホームとそうでない有料老人ホームがあります。

有料老人ホーム 現状身体能力などの条件

入居時に自立、要介護、要支援、及びその認定を受けておられる方にあわせて、有料老人ホーム側で規定がある場合があります。
また、全ての条件の方の入居が可能な有料老人ホームや、細かく規定している有料老人ホームなどがありますので、有料老人ホームを選ぶ際に注意して探してください。
また、お問い合せなどの際に質問して確認するのも良いでしょう。

有料老人ホーム 有料老人ホームの施設の種類

一般的に「有料老人ホーム」とうい言葉は浸透し、食事をはじめ生活に必要なサービスを提供してくれる施設としての意味も広まりつつあります。
しかし、その事業主体や費用、サービスを受けられる対象者などを基準に様々な「有料老人ホーム」施設が存在します。
ご自分、またはご家族にとってどの有料老人ホーム施設が最適なのか、また、有料老人ホームの施設の種類により費用などにも差があるため、どの有料老人ホームの施設に入れるのかなど、各有料老人ホームの施設の条件により検討する必要があります。

有料老人ホーム

民間企業、福祉法人などが運営。
入居できる年齢や費用などはそれぞれの施設により決められています。
快適な生活に必要な様々なサービスが受けられ、立地などの環境により様々に選んでいただけます。

健康型有料老人ホーム

快適な生活に関するサービスが中心で、自立されている方向けの有料老人ホーム施設です。

住宅型有料老人ホーム

快適な生活に関するサービスが中心ですが、介護サービスなどが必要になった際には外部の事業所などから有料でサービスを受けられる施設です。

有料老人ホーム 現状身体能力などの条件

介護サービスを義務付けられた有料老人ホーム施設です。
特定施設入居者生活介護に指定された施設です。

介護サービスが外部サービスで提供される有料老人ホーム施設です。
外部サービス利用型特定施設入居者生活介護に指定された施設です。

有料老人ホーム その他老人を対象とした施設

住宅型有料老人ホーム

地方自治体や福祉法人などが運営する原則65歳以上の要介護者が対象の老人ホーム施設です。
住宅での介護が困難な要介護者の入居を対象とした公的な福祉施設です。
月額費用が4〜15万円と比較的低額ですが介護優先順位の高い人から優先的に入居となります。

住宅型有料老人ホーム

地方自治体や福祉法人などが運営する原則65歳以上の施設です。
経済的な事情で生活が困難な人を対象にしているため、所得により入居に制限があります。

住宅型有料老人ホーム

地方自治体や福祉法人などが運営する60歳以上の方を対象とした、食事などのサービスが受けられる施設です。要介護状態になると利用できなくなります。

住宅型有料老人ホーム

地方自治体や福祉法人などが運営する自立した60歳以上の方が対象で、収入により利用金額が異なる施設です。要介護状態になると利用できなくなります。

住宅型有料老人ホーム

地方自治体や社会福祉法人、民間企業などが運営する65歳以上の軽〜中程度の認知症の方を対象とした共同生活を支援される施設です。

住宅型有料老人ホーム

地方自治体や医療法人が運営する、一時的な長期入院などで常時医療が必要な要介護者が入居する施設です。

有料老人ホーム 検索のポイント項目 ・年齢と本人の収入 ・住民票の取り扱い ・本人の身体状況 ・施設の種類と条件 ・サービス内容と費用 ・契約形態

ページトップへ